イン・ザ・ヒーロー

映画『イン・ザ・ヒーロー』は、2014年9月6日に公開された日本映画です。

 

概要

ヒーローのスーツや怪獣の着ぐるみを着用してスタントを行うスーツアクターに焦点を当てた作品となっています。

 

あらすじ

スーツアクター歴25年のベテラン・本城渉(唐沢寿明)は、代表を務める「下落合ヒーローアクションクラブ」(HAC)のメンバーとともにテレビ番組『神龍戦士ドラゴンフォー』のスーツアクターを演じています。

ある日、『ドラゴンフォー』の新作映画版で数年ぶりとなる顔出し出演のオファーが届く本城。。

当然、本城は大喜びで元妻の凛子(和久井映見)に報告して顔合わせや本読みに挑みます。ただ、まもなくして自身の役が人気若手俳優・一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)に交代したことを知り。。。

ハリウッド映画『ラストブレイド』のデビューオーディションに挑んでいた一ノ瀬。

『ドラゴンフォー』での役を軽く見ており、撮影現場で裏方を見下す態度を繰り返すことで、共演のHACメンバーらとたびたび対立するようになります。

『ドラゴンフォー』の撮影日、一ノ瀬は自身がアクションできる俳優であることをアピールしようと、アクションシーンのリハーサルを引き受ける事に。

しかし、一ノ瀬はアクションにキレがない上に、段取りをミスし、大芝美咲(黒谷友香)がけがをするきっかけを作ってしまったのです。

この時の撮影現場にはラストブレイドのプロデューサー石橋(加藤雅也)が立ち会っていたという事もあり、一ノ瀬は意気消沈してしまいます。

このままではダメだと思い、態度を改め、本城にアクションの指導を願い出る事になりました。

その後、アクションの実力が向上した一ノ瀬は、『ラストブレイド』のオーディションで見事なアクションシーンを披露し、見事合格!ラストブレイドの出演が決定します。

しかし、『ラストブレイド』の撮影が中止になる可能性が。

クライマックスシーンで、8.5m落下、炎にまみれての100人斬り大立ち回りのシーンを演じる予定だった俳優が、危険との理由で降板してしまったのです。

そこで、代役に本城にオファーが届きます。そこで、本城は命がけのシーンを演じる事に。

 

出演者

唐沢寿明

福士蒼汰

黒谷友香

寺島進

草野イニ

日向丈

小出恵介

及川光博

杉咲花

イ・ジュニク

加藤雅也

松方弘樹

和久井映見

 

映画を見て

唐沢寿明さんは本当に素晴らしい役者さんですよね。若いころからずっと好きだったんですが、最近大人の魅力が増し、さらにいい役者さんだな…って思います。

役柄も、今回の映画のような役だったり、シリアスな役など様々役を演じられるのもすごいですよね。

見ていて、引き込まれる役者さんだと思います。

実は私も、若いころ俳優を目指していた事があるんです。大学でも演劇部に入っていて、卒業後もずっと演劇の勉強をしていたんですが、なかなか華開かず。

やはり好きなだけじゃ生活していくことが出来ないですからね。この時は、困ったらお金を借りて生活していたぐらいですからね。(※銀行でお金を借りる

借金してまで好きなことをする、って凄いことだと思うんですが、現実を考えたら厳しいですよね。

結果的に俳優は諦め今に至っています。

でも、唐沢寿明さんなどの一流俳優を見ていたら、自分なんて全然才能がなかったと思い知らされます。

夢を追いかけるのも大事ですが、諦めることも大事なんだろうなって思いましたね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です